アーカイブ
Please reload

November 30, 2018

 川平アスレティックトレーニングでは明成高校健康スポーツコース1,2年生を対象に保健体育授業でATとS&C分野を特別授業として教えています。特別授業は年間を通して32時間あります。特別授業の中身は「コンディショニング」「スポーツ栄養」「テーピング」「運動学基礎」「女性特有のスポーツ傷害」「レジスタンストレーニング」「アジリティ」などで、スポーツを科学的に多方面から学ばせています。授業構成は前半に基本的知識を講義し、後半に実技で応用的に自分たちの競技と関連させ学ばせる方法をとっています。

 例えば、栄養の授業では初歩的な栄養学、炭水化物...

November 29, 2018

スポーツ現場において、『傷害(ケガ)予防』と『パフォーマンス向上』はどちらも重要な課題です。

このうち、私の活動現場(高校スポーツ)においていうと、選手も指導者もどちらかというと『パフォーマンス向上』へのモチベーションは非常に高く、『傷害予防』への意識はなかなか持ちにくいようです。

というのも、「予防」と言われても、怪我をしたことがなかった、あるいは軽い怪我しかしなかった人からすれば、今まで特に気にせずにプレーできていたという経験から予防意識にまで繋がらないのかもしれません。

逆に、大きな怪我や、繰り返しの怪我を経験する選手達は、同じよう...

November 20, 2018

女子サッカー部と女子バスケットボール部の2チームに対して持久系トレーニングを実施しています。

これまでウエイトトレーニングとプライオメトリクス(ジャンプトレーニング)を中心に、筋力・瞬発力・耐久性を鍛えてきましたが、新チームに移行してから始まった新しい取り組みです。

持久系トレーニングはシャトルランを使用。

現時点では全速力のスプリントは使用せず、ちょっと早めのランニングペース。

開始初期から全速力で実施すると肉離れ等の傷害リスクが高まるのを考慮するのと、方向転換動作やランニングフォームにも焦点を置いているためです。

もちろん、全速力を用いた...

November 9, 2018

男子バレーボール部と陸上部短距離・投擲ブロックの測定を行いました。

まずは垂直跳び

Just Jump Systemを用いての測定。3回試技の平均値を測定値として取ります。

伸びてる子もいれば、下がっている子もいたり。下がっている子は体調不良から回復したばかりと、万全のコンディションではありませんでしたが。

続いてスクワット1RM

体重比220%の達成を筆頭に、200%近くの子が徐々に増えてきました。

今回の測定値を基に、今後のトレーニング強度を決めていきます。

冬の鍛錬を精進し、5月の高校総体で思い描いている結果を出せるよう、サポートしていけれ...

November 6, 2018

今回は2年生男子に対して、トレーニング論という題目の授業を行いました。

前半ではトレーニングの目的、原理原則、各種体力要素の概要とトレーニング方法を概略的に講義しました。 

後半では、各部活動ごとに競技分析を行いました。

トレーニングの実施には、競技特性の把握が必要です。競技特性や自身の長所・短所を把握してこそ、練習やトレーニングに意味を持たせることに繋がります。

もしかすると、日々のトレーニングや競技練習では、監督・コーチ・トレーナーから課されているメニューを“ただこなすだけ”に陥っているかもしれません。。。

この練習にはどんな目的があるの...

Please reload