アーカイブ
Please reload

September 28, 2019

ふと、楽しいとは何だろうと考えます。

私にとっての楽しいとは、身体の仕組み(骨や筋肉など)がスポーツにどのように関係していて、どうして良いパフォーマンスや悪いパフォーマンス(ミスやケガ)に繋がるのかということを、あらゆる視点から考察し、原因追求していくこと、わからないことを人に聴くことや書籍や論文を読むこと、自分で考えることが何より面白いことと考えています。そんな知的好奇心の欲求を満たす過程と、それによって得られた知見を駆使して、関わる高校生の求める悩みを解消または改善に導くことが実感できた瞬間(選手の望ましい結果に貢献した時など)は...

September 22, 2019

秋,冬の大会に向けて、それぞれの部活動が本腰を入れています。

秋の大会は全国高校駅伝県大会、ウィンターカップ予選、全国サッカー選手権県大会など、これらは3年生最後の大会でもあります。そして新人戦は1、2年生にとっての大一番になります。

3年生はこの最後の大会に悔いを残すことなく、戦いきって欲しい!と毎年願っていますが、今年は特に特に願っている生徒が数名います。

第5中足骨骨折の術後の生徒、前十字靭帯断裂の生徒、脛骨の痛みがなかなか引かない生徒、有痛性外脛骨の痛みが強い生徒など、普通であれば大会欠場を考えなければならない大きな怪我を抱えてい...

September 6, 2019

バスケットボールに勤しんでいた中学時代、試合中に膝の大怪我を負ってしまい約半年間の長期離脱を経験したことがあります。

離脱中、リハビリはもちろんのこと、専門家の指導の下にて上半身・胴体部のウエイトトレーニングで身体強化に取り組んでいました。

扱える重量が上がっていくのが面白くて、元々興味があった「トレーニング」に対する熱が加速していき、今ではトレーナーとして働いています。

やりがいしかないとても好きな仕事を現在させて頂いてますが、大怪我という負の出来事から始まったと思うとなかなかおもしろいものです。

もし怪我で長期離脱となる場合、「怪我をし...

Please reload