​川平ATRブログ

EAPの重要性

EAPとは Emergency Action Plan の略で、日本語では「緊急時対応計画」といいます。 これは施設で事故や怪我が起こったときに周囲にいる人達がどのように動いて傷病者の命を守っていくのかをマニュアル化したものです。 スポーツや運動が行われる施設では必ずなくてはならないものです。 誰かが施設内で倒れたとき、第一発見者は何をするのか、周囲の人達は何をするのか、施設内へ救急車の誘導の仕方など、とても重要な内容が書かれていて、施設で働く人達がみんな熟読し共通理解を持っていなければいけません。 私達は先日、EAPの重要性を改めて考える機会がありました。 助けを呼ぶ人、リードをとる救助者、その他の救助者が協力し合って傷病者を守り、救急隊員へ引き継ぐ、この連携プレーを今一度施設に関わる全員が確認することが大切だと思いました。 EAPの基本となっているのは、EAPを実施する人達が CPR(心肺蘇生法)の訓練を受けていることとAED(自動体外式除細動器)の使用方法を知っていることです。救急車が要請されて救助現場に到着するまでの全国の平均時間は約8分と言われています。もし傷病者が心肺停止や呼吸停止といった状況になったとき、5分以内に救命処置を行わなければ蘇生率は非常に低くなりますので、この3分の誤差を現場に居合わせた人達が埋め、命を繋げなければいけません。現場にいる人が救命処置を行えば命が救われる可能性は35~50%、行わなければ15~25%となり、現場に居合わせた人が取る行動によって命が左右されてしまう 緊急事態はいつどこで起こるかわかりません。 まずは生徒の健康状態の確認。 そ

長いリハビリを終えて

8ヶ月という長いリハビリ期間を終え、復帰をした生徒がいます。 今日は復帰後初の大会、2ゴールを決めました!! 先生やチームメイトから喜びの声を受けて、本当に誇らしげでした! このリハビリ期間を振り返って、どんな気持ちだったかを本人に聞いてみました。 リハビリ初期は「頑張る!絶対復帰する!」と強い気持ち。 3ヶ月目くらいには「毎日同じリハビリ。気が重い、もうやだー!」、という気持ち。 チームメイトがどんどん上達していくなかで自分の無力さを感じ、苦しかったそうです。 4,5ヶ月目くらいにはできることも増えてきて、また復帰への希望が強くなりました。 8ヶ月で練習復帰したときは、受傷当時から復帰を目指すモチベーションとなっていた選手権の1ヶ月前。早く練習試合に出たい、もっと出場時間が欲しい、とプレーすることに貪欲になりました。 そして9ヶ月目目前にて出場した大会。 ゴールを狙っていました。 チームの期待も感じていました。 そして誰よりも先生に喜んでもらえたこと、照れましたが、とても嬉しかったです。 もうすぐ大事な試合、選手権が始まります。 より多くのプレータイムがもらえるよう、今頑張っています! と、話してくれました。 高校3年間という短い期間で長期離脱をすることは生徒にとって辛く、挫折感、無力感を味わいます。アスレティックトレーナーは競技復帰のためのリハビリを担いますが、長期リハビリの場合は定期的に少しの”達成感”、少しの”希望”を与えてあげることがとても重要です。 ”少しの達成感を与える”とは、例えば、「今日は関節が先週より動くようになった!」とか「筋力が2週間前より増えてる!」な

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862