​川平ATRブログ

部活指導に民間コーチの活用を、というニュースで思うこと

12月13日に「部活動指導 国家資格に」というニュースが流れました。 どういうことかと言うと、「教員負担の減少」と「少子化問題で悩まされる運動部活動の活性化」を図ることを目的に、学校の運動部活動の指導に外部の人材の活用を進めるということです。 少子化問題に関してはここでは触れませんが、教員の負担に関しては私も日々思うことがあります。教員は校務に加えて、ほとんどボランティアに近い環境で部活動指導をしています。部活動は運動部活動で平均週6日行われており(平成26年 日本体育協会調査より)、教員は放課後や休日を犠牲にして働いているのが現状です。教員は職員会議や急な生徒トラブルに対応することも多く、部活動に行けないこともあり、顧問不在時に発生する生徒の事故や傷害などの安全面も問題視されています。 ここで教員負担の減少という期待がかかる外部コーチ(民間コーチ)の活用について、アスレティックトレーナーの立場から触れたいと思います。 まずは高校の運動部活動指導者の実態をみていきます。 担当教科が保健体育ではなく現在担当している部活動の経験がないという教員:40.9% 担当教科が保健体育ではなく現在担当している部活動の経験があるという教員:34.1% 担当教科が保健体育で現在担当している部活動の経験があるという教員:21.0% 担当教科が保健体育で現在担当している部活動の経験がないという教員:4.0% (平成26年 日本体育協会の調査による) このデータを見ると、高校運動顧問の半数弱が「競技経験がないが指導をしている」という実態が見えてきます。そして競技経験がある顧問は55%にとどまっています

仙台89ERSとアカデミックパートナーシップ!!

仙台大学は仙台を地元とするプロバスケットボールチーム『仙台89ERS』とオフィシャルアカデミックパートナーとして締結しました!!これから仙台大学の学生は研修のため仙台89ERSで学生インターンとして活動できるようになるのです!! 研修内容も多岐に富んでいます!! ・コーチング研修 ・情報分析研修 ・アスレティックトレーニング研修 ・栄養指導研修 ・スポーツマーケティング研修 ・イベント企画・運営研修 ・広報活動研修 これらスポーツに関わる職業をプロチームで研修する機会は学生にとって素晴らしい経験となります。学生にはどんどん参加して欲しいと願っています。 私はアメリカで学生アスレティックトレーナーだった頃、研修の場をいつも探していました。アメリカはアスレティックトレーニング分野が確立していますので、学生に学校内や地域で多くの研修の場が用意されています。大学内スポーツはもちろんのこと、地域の高校、病院・クリニックなどがあり、各現場で研修し、自分が将来どのような現場で働きたいのかを感じるにはとても良い環境が用意されているのです。しかし、学生という立場でプロスポーツの現場を研修できる機会はさすがにありませんでした。アメリカではプロスポーツのインターンシップはどのスポーツも一般公募していて、厳しい審査のもとに選ばれなければなりません。 自分が学生だった時にプロスポーツでの研修の機会があったら間違いなくやりたかっただろうな、と振り返りました。だからこそ仙台大学が締結したこのパートナーシップに感謝し、これから学生アスレティックトレーナーが多くを経験できるように、私も日々の学生指導にさらに気合

映画 『コンカッション』

先日、映画『コンカッション』(脳震盪)を観ました。 この映画はスポーツの粋を超えたエンターテイメントを生み出すNFL (ナショナル・フットボール・リーグ) という巨大組織が隠してきた”真実”に立ち向かう1人の医師の話で、実話に基づいています。職業柄、とても観たい映画のひとつでしたので、楽しみにしていました。 「脳震盪」とは脳に衝撃を受けることで様々な症状を引き起こすことです。スポーツで相手、スポーツ器具、サーフィスなどに衝突し、頭を強く打ったり、頭を強制的に揺さぶられたり、といったことで脳にダメージが伝わり症状を引き起こすことです。症状は多種多様で、意識を失ってしまう、意識レベルが低い、意識がもうろうとする、何が起こったのか思い出せない・覚えていない、ふらつく、嘔吐するといった重症なものから、意識はしっかりしているし、記憶もしっかりしているけれども、頭痛がする、吐き気がする、集中力が低下する、感情的になる、眠れない・眠い、疲労感など普段と違う状態になる、という症状もあります。このような症状を出すことで脳は体に危険信号を訴えっているのです。多くの脳震盪は後者に挙げたような症状を発症するケースとなりますが、前者・後者ともに、脳震盪とは別に重大な頭部外傷(脳挫傷、頭蓋骨骨折、頭蓋内(外)出血など)が潜んでいる可能性あります。脳震盪は症状が続いている間は安静にし、脳が一時的に受けたショックやダメージから回復しなければいけませんし、症状の変化に注意をし、症状が継続する・悪化する・急変するなどの事態にすぐに脳神経外科などの病院へ搬送をする準備もしておかなければなりません。 アメリカのような

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862