​川平ATRブログ

2020東京五輪のカギを握る「アスレティックトレーナー」とは?

今日のヤフーニュースでこのような記事がありました!! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00010002-houdouk-spo この記事を読むと、金メダリストの北島康介選手はアスレティックトレーナーについて、「競技や身体についての知識を与えてもらった。選手が信頼できる、とても大きい存在」と言ったそうです。また、オリンピック4連覇の伊調馨選手も「監督やコーチ以上に近い存在。トレーナーの皆さんがいなかったら、今(の自分)は無い」と言い切った、と書いてあります!! お2人が登場したシンポジウムは「ジャパンアスレティックトレーナーズ機構」が主催したもので、日本で活躍するアスレティックトレーナーが集まり勉強会をしたり情報交換をしたりする場であります。この機構は日本でアスレティックトレーナーの活動をアメリカのアスレティックトレーナーの活動のように広めていくための取り組みをしています。私も勉強会などに参加をし、お世話になっています。 超エリート級のアスリートがアスレティックトレーナーの重要性を伝えてくれています。 このレベルでいえばきっと健康管理・怪我管理だったり、体作り、体のケア、といったことがメインで重要と思ってくれているのではないでしょうか。 学校現場の顧問の先生たちもアスレティックトレーナーの重要性を感じてくれています。 この現場で言えば応急処置、動き作り、怪我をしない体力づくりといったことがメインで アスレティックトレーナーは多彩な技術を持っています。 この素晴らしいプロフェッションが広がればもっと日本のスポーツが発展します!

大学生と一緒に中学生に実技講演しました

先日、利府中学校にて講演を行ってきました。 利府中学校は2020年のオリンピック・パラリンピックムーブメントの指定校になっており、積極的にスポーツ事業に取り組んでいます。昨年度は仙台大学所属で2014年のオリンピアンである小室望さんが講演を行い、今年度はアスレティックトレーニング分野からご招待を頂きました。利府町には宮城スタジアムがあり、2014年サッカーワールドカップの予選が行われたり、2020年のオリンピック・パラリンピックの競技会場に決まっています。町としてスポーツに世界レベルで友好的であり、そのような町で育つ子供たちにはやはりスポーツへ高い関心を持ってもらいたいと思い、講演することを楽しみにしていました。題目は「中学生に適したストレッチと体幹トレーニング」です。このテーマは利府中学校から頂いたテーマで、このテーマを聞いたときに私としてはとても驚きました。これまでスポーツチーム単位、個人単位でこのようなテーマの講演を依頼されたことはありましたが、学校全体としてこのテーマを取り扱いたいと聞いたことは初めてで、学校として傷害予防に取り組むという意識にいい意味で驚かされました。 当日は仙台大学の学生3名と行いました。「ストレッチ」ではその目的と種類を教え、そのやり方を大学生に実演してもらいながら生徒全員と一緒に練習しました。「体幹トレーニング」では、体幹の意味とその効果の話をし、一般的に行われている体幹トレーニングに加えて私が日々明成高校生に行っているもので実際に傷害予防とパフォーマンス向上に効果があったものを教えました。生徒は楽しみながらも真剣に取り組んでいるようでした。 後

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862