​川平ATRブログ

女子サッカー部 東北大会優勝!

6月19日、福島第2代表相手に5-0と圧勝し、東北大会初出場にして優勝を果たしました! おめでとう!!本当によく頑張りました! でも実はこの優勝を手にする前の一番の難関はこの決勝戦ではなく、宮城県大会準決勝聖和学園戦でした。 去る6月4日、聖和学園という宿敵相手に延長戦の末PKにて勝利しました。これまで明成高校は最高成績が3位で、1位は天下の常盤木学園ということでインターハイ出場は「夢」でした。しかし、今年は「インターハイは宮城県開催!上位2チームに出場権がある!!」となり、一気に夢が向こうから一歩近づいてきてくれたのです。願ってもないこのチャンスを絶対ものにしよう!!とチームはちゃくちゃくと準備してきました。去年の高校総体は4位。これは準決勝で3点のリードをひっくり返されての負け。こんなチームでは勝てない、もっと貪欲にプレーしなくては、とチームは変わる努力をはじめました。何人も怪我をしました。何人も痛みをこらえて練習していました。試合前日まで何人もが「緊張しすぎて吐きそう、、、」なんて言っていました。当日、なかなかシュートが決まらない中、ディフェンスが本当によく頑張りました。無得点のまま延長戦を終え、PKとなったとき、昨年の悪夢が私の頭を少し頭をよぎりました。「4-1のリード中、後半だけで3点入れられ、PKにて負ける」というシナリオ。でも、選手たちはわたしの心配をよそにとても集中していました。1本1本のシュート、ゴールに貪欲でいました。チームメイトを信じ、自分のシュートを信じて蹴りました。集中し過ぎていたために、PKで4-3と勝ち越した瞬間がわからず、勝った!!という理解が数

八村塁 帰国報告会!

明成高校に八村塁選手が帰ってきました! 八村選手は明成高校バスケットボール部でキャプテンを務め、ウィンターカップ3連覇に大きく貢献しました。卒業後はアメリカのゴンザガ大学に進学し、バスケットボールの奨学生として活躍しています。ゴンザガ大学は昨シーズンは全米第2位に輝き、八村選手はフレッシュマン(1年生)ながら試合に出場する機会を得て、勝利に貢献しました。 八村選手は今年はU19の世界大会に出場するのですが、その代表合宿のため帰国しています。忙しい時間の合間をぬい、母校に帰ってきてくれ、アメリカ生活の話や将来の目標など多くを全校生徒に話してくれました。1日の練習、授業、自主トレーニングなどのルーティーンを聞いていると、とても充実した日々を送っているようです。ストイックにやっているからこそ結果が出ているんだなぁと、想像しました。生徒から「英語はどのように覚えましたか」という質問には、「英語を勉強するというよりも日々チームメイトと話していることでどんどん覚えていきました」、ということで、チームメイトとのコミュニケーションは良くとれているようです。「悪い言葉から学んでいるのですが、、、」と少し控えめに言っていましたが、これはやはりどこにでも起こるようで、私もアメリカ生活の初めのころのことを思い出しました。また、体重は10kgも増えたようで、理由は「食事の量が増えたから」だそうです。寮、カフェテリア(学食)、体育館にも食事が用意されていて、「おいしいっす!」と茶目っ気たっぷりに言っていましたが、さすがに練習量もトレーニング量も多いので、それだけの食事が必要になってくるようですね。 生徒へ

怪我と向き合うこと

4月下旬、ある長距離選手が自己ベストを更新しました。3年生になり、メキメキと力を付け始め、高校総体目前に自信を持って狙って出した自己ベスト記録でした。5月下旬の高校総体ではインターハイ出場を目標に、ここから更に磨きをかけていくはずでした。しかしこのレース後足から足に痛みが出始めました。ウォーミングアップで激痛がはしるほどで、練習はしばらく中断せざるをえませんでした。私に相談に来たとき、私はすぐに疲労骨折を疑いました。そして整形外科を受診し疲労骨折と診断され、医者からは1ヶ月間走ることを禁じられてしまいました。 先生も私も悩みましたが、やはりインターハイ出場という目標へ突っ走ることに決めました。そしてこの日からこの怪我とともにどうやってインターハイを目指すか、というプランニングを始めました。心肺トレーニング、筋肉トレーニング、コンディショニング、食事、薬、どのタイミングで走るトレーニングをいれていくかなど、先生、私、選手と1ヶ月間ずっと話し合いを重ねました。走ることを禁じた医者も協力的に治療をしてくれました。 どちらかというと控えめで気持ちを表に出さない性格のこの選手。しかし当日は別人のように気持ちを全面に出していました。2種目に出場するため、大会期間中の3日間は2種目ぶんの予選、準決勝、決勝と弾丸スケジュールでした。「あとは今持っている力を出し切るだけ」、そう伝えて送り出しました。そして集中した、少し緊張した面持ちでレースに向かいました。 結果は負け。2種目ともにインターハイへの夢は叶いませんでした。悔しさが爆発しましたが、結果を受け止めるしかありませんでした。怪我をしても目標

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862