​川平ATRブログ

夏休み突入、高校生の筋力・ジャンプ力測定

高校は夏休みに突入し、様々な部活動が1日を通して練習やトレーニングに励んでいます。 そんな中、S&C指導を受けている高校生選手の筋力とジャンプ力の測定を行いました。 ジャンプ力はJust Jump Systemという米国の測定機器を用いて。 筋力はバックスクワットでの1RMを。 ※1RMとは最大拳上重量を指し、1回の試技でどれだけの重量を挙げれるか測るもの。 夏休み1週目は女子バスケットボールと女子サッカー部の選手を対象に実施しました。 90㎏が現段階での女子のトップとなりました! 体重比とは、自身の体重を基準値として、そこからどれだけ重い重量を挙げれるかというもの。 155%が現段階のトップで、自身の体重の1.5倍を拳上できるということ。この数値は高ければ高い方が良いです。 加速、減速、跳躍、方向転換など、自身の身体を動かす(コントロールする)競技において、体重比は特に重要な値となります。 垂直跳びは3試技の平均値でランキングを作成。 トップはサッカー選手で58.1㎝でした。 高く跳べるということは瞬発力が高いということで、加速や方向転換にも通じます(この場合、脚の使い方などの技術は考慮しない前提で)。 グラフは体重比と垂直跳びの関係性を示します。 体重比が高いほど(=筋力が高いほど)、跳べる傾向にあるようです。 筋力、特に体重比が高まれば、優れた瞬発力と怪我に強い身体(耐久性)が獲得できます。 今回の測定結果を基に、更なる筋力そして瞬発力の強化を図り、冬の大会に備えていければと思います!

夏休み目前!

明成高校は来週から夏休みに入ります。仙台も梅雨明けし本当の「夏」となり、毎日毎日暑いですが、運動部の生徒たちは頑張って練習しています! 各部活動の夏休みの予定も決まり、遠征試合、合宿、大会参加など仙台を離れての活動も多くあります。東海地方や関東地方など東北よりも暑いところへ行くチームも少なくありません。 遠征先で体調を崩したり熱中症になったりしないようにするための食事、睡眠、水分補給については熱中症講習会を通して各部活動で確認しました。そして万が一チームメイトで熱中症が発生したらチームはどのような行動をとるべきかも確認しました。 くれぐれも熱中症にならないように・・・ そしてもし誰かが熱中症になったらチームで迅速に対応できるように・・・ 全ての部活動にとって良い夏となるように頑張って欲しいです。頑張りを期待しています!!! しかしながら今現在怪我をしていて夏休み中の競技復帰が叶わない生徒もいます。 前十字靭帯術後の生徒、疲労骨折から回復中の生徒、肩靭帯断裂で手術待ちの生徒、足関節靭帯断裂の温存療法中の生徒などなど。 そのような生徒からは「自分はどうやって夏休みを過ごしたらいいですか?」とよく質問されます。 怪我をしている人は夏休みをどのように過ごすべきなのでしょぅか。 まず一番先にやることは復帰時期をドクターやトレーナーと目安をつけることが大事です。 つまりは「復帰目標を立てる」ということです。 これは先の大会スケジュールやチーム状況なども考慮することが鍵です。 無理のない適切なタイミングで、確実に復帰できる時期を選ぶようにすることでリハビリのモチベーションが保持されます。 復

第3回明成フェスティバル!!

6月30日、7月1日に第3回明成フェスティバルが開催されました! 明成フェスティバルとは、3年前から明成高校の運動部が主導して行うスポーツの祭典のようなイベントですが、今年は調理科の参加、そして介護科の『ふくしわいわい祭り』が合同開催され、例年よりも盛り上がりました!!2日間を通して600名の中学生、保護者、中学校関係者の皆様、地域住民の皆様が参加しました。開会式では介護科の生徒が手話で歌を披露し、日頃の成果を発揮していました。 調理科の生徒たちは来場者に昼食を調理しました。600名分の昼食を用意する生徒たちは大変ですがやりがいのある量を一生懸命調理していました!スポーツの合間に昼食をとった中学生たちは「おいしい!」「もっと食べたい!」の大盛況だったようです。私も味見したかったなぁ、って思ってしまうほど匂いも見た目も最高でした! 介護科では地域住民の方々をお招きし、昔ながらのゲームや遊び、工作をしていました。訪れた高齢者の方々は童心に戻り、子供たちと一緒になって遊んでいました。模擬店では近隣の福祉チームと一緒に焼き鳥やポップコーン、駄菓子、そして手作りパンなどを販売していましたよ。昼休みにはスポーツで参加していた中学生たちが模擬店に押し寄せ、とても賑わっていました。また、中学生は車椅子バスケも体験することができました! 女子バスケ部、剣道部、男子サッカー部、女子サッカー部はそれぞれ中学生を招待し、試合を行っていました。中学生は高校生のパワーやスピードに驚きながらも、一生懸命にプレーしていました。 私達ATは2日間を通して全体的な健康管理と怪我管理を行いました。とても暑い2日間で

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862