​川平ATRブログ

長期離脱から競技復帰まで ~チームの一員としてできること~

みなさんは部活動で怪我をしてしまい長い間休まなければならなくなった場合、どのように「チームとの関わり」を維持していますか? 私は今までたくさんの怪我人をみてきていますが、ほとんどの怪我人は競技復帰を目指しリハビリやトレーニングを一生懸命やります。自分の体と向き合い怪我を治すための努力をし、また怪我をしないように体の改善や筋力トレーニングなどを頑張っています。怪我が治るのに時間がかかればかかるほど悩みとして出てきてしまうのが「技術的な遅れ」「本当に復帰できるのか、疑い」「チームからの疎外感」「練習参加への不安」ですが、ほとんどの長期リハビリ経験者は自分と向き合うことに時間を費やし、周りからのサポートを受けながら、無事に復帰をしていきます。 今日はある女子生徒の話をしたいと思います。 この生徒は今年3月に膝の手術をしました。現在術後6ヶ月で少しのチーム練習とリハビリを頑張っていて12月ごろに競技復帰を予定しますが、今頑張っていることは何よりもチーム主務としての役割を頑張っています。 彼女は自分のリハビリやトレーニングの前にチームの仕事をします。練習準備をしたり、テーピングを巻いてあげたり、ボール拾いをしたり、ボールサーバーをしてあげたり、監督のためにラビット(雑用係)となったり。テーピングは私と一緒に足首や膝の巻き方の練習をしています。とにかくチームのためにできることを自分から探し出します。試合の日は主務として監督をサポートし、アップ準備をしたり、ウォーターガールになったり、トレーナーになったりと大忙しです。そのため自分のリハビリやトレーニングの時間はチーム練習が終わってからになり

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862