​川平ATRブログ

NSCA National Conference 2019

7/10-13にワシントンDCで開催されたNSCA Conference 2019に参加してきました。 目的はポスター発表と知見の収集。 研究内容は、レジスタンストレーニングが高校生長距離走選手のランニングパフォーマンスに及ぼす影響について。日頃のトレーニング指導をベースにしたものを発表させて頂きました。 ポスターとは言え初めての発表、時差ボケもありますが夜中の2時に目が覚めるくらいめちゃくちゃ緊張していました。しかも隣の発表者はDr. Paul Comfort、、、緊張にターボがかかりました。。 ですが終わってみれば約10名の方々とのディスカッションはとても楽しく、あっという間の1時間半でした。 ディスカッションさせて頂いた10名の中には、高校・大学レベルの陸上コーチや体育教師という方々も。 正直驚きました。トレーニングの専門家が集う学会に、高校の体育教師や競技コーチが知見収集のために参加しているということに。やはりスポーツ先進国アメリカのS&C文化は日本の非ではないなと痛烈に感じました。。。 体育教師を養成する大学の付属高校として、やはり教員志望の学生にもS&CやATを知ってもらうことは必要なのかな。 様々なポスター発表、口頭発表、そして講義を聞いてきました。 Dr. Tim SuchomelのForce-Velocity、Dr. Jeffrey McBrideのSSCに関する講義はとても興味深いものでした。中でも、Coach Darnell ClarkのHigh School S&C Programは参考になるものばかり。そしてアメリカでは高校S&Cは既に定着しており、か

明成フェスティバル!

6月29日(土)、30日(日)、7月6日(土)、7日(日)に「第4回明成フェスティバル」が開催されました。明成フェスティバルとは運動部活動が県内の中学生チームを招待し、練習試合を通して明成高校の魅力をアピールし生徒募集につなげていくことを目的としています。 今年は運動部のみにとどまらず、調理科は昼食の提供をし、介護福祉科は手話で歌を披露したりと、学校全体をあげてのイベントとなりました。女子バスケ部、男子バレーボール部、女子バレーボール部、剣道部、男子サッカー部、女子サッカー部、そしてソフトボール部が4日間に渡り多くの中学生と試合を通して交流しました。外競技は4日間ともあいにくの雨でしたが、多くの中学生が明成高校生との交流を楽しんでいました。 川平ATとS&Cはブースを設置し、試合中の怪我対応や過去の怪我、健康、トレーニングなどについての相談等に対応しました。 印象的に多かった相談は「腰痛」だったように思います。 特に女子バレー部、女子バスケ部からの腰痛の相談が目立ちました。 中学生のうちから腰痛がある・・・なんだか昔の自分を思い出しました。。。 このまま何も改善せずにプレーし続けることは将来的に心配です。 痛いと感じたときにすること、ストレッチの方法、トレーニングの重要性などわかりやすく教えました。 オープニングセレモニーでも発表がありましたが、今年度から明成高校は仙台大学の付属高校としてスタートし、来年度からはカリキュラムも変わり、健康スポーツコースは「スポーツ創志科」へと生まれ変わります。これにより今までよりも高大連携事業の発展が求められ、多分野での7年間教育が課題となって

測定+α

先日、女子バスケットボール部の筋力・ジャンプ力の測定を行いました。 筋力はバックスクワットの1RMと体重比、ジャンプ力は垂直跳びで計測しました。 各々、なかなかの成長を見せてくれました! スクワット90㎏台が7名(前回は1名) 体重比150%以上が9名(2名) 垂直跳び50㎝以上が6名(3名) もっともっと強くなれるし、跳べるようになるはず!というかそうなれるよう、サポートしていきます! ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- で、上記の測定中なんですが、興味深いなぁ~と思うこともあったり。 測定終了後の選手達の会話です。 ある選手は...「○○が90㎏挙げれたのに自分は出来ないのが悔しい!」 別の選手は...「90㎏は挙がらなかったけど、かなり成長した!」 両選手とも、15㎏も拳上重量を伸ばしてきました。 他者と比較して悔しいと思うこと 自分自身の成長を素直に喜ぶこと どこに視点を合わせるかによって、「悔しい」にも「喜び」にもなるんだなと思いました。 どちらが正しいかというのは分かりませんが、自分自身の成長を素直に喜べるということは、あまり簡単には出来ないことと思います。 小さなことでも成功体験を積み重ねていくことが、選手として人としての成長には欠かせないと思います。悔しいと思う気持ちが全く必要ないというわけではないですが。。。 ただ自信に繋がる

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862