​川平ATRブログ

秋冬の大会に向けて

秋,冬の大会に向けて、それぞれの部活動が本腰を入れています。 秋の大会は全国高校駅伝県大会、ウィンターカップ予選、全国サッカー選手権県大会など、これらは3年生最後の大会でもあります。そして新人戦は1、2年生にとっての大一番になります。 3年生はこの最後の大会に悔いを残すことなく、戦いきって欲しい!と毎年願っていますが、今年は特に特に願っている生徒が数名います。 第5中足骨骨折の術後の生徒、前十字靭帯断裂の生徒、脛骨の痛みがなかなか引かない生徒、有痛性外脛骨の痛みが強い生徒など、普通であれば大会欠場を考えなければならない大きな怪我を抱えているのですが、これらの生徒たちは最後の大会出場を信じて努力している生徒たちです。 こういうとき、アスレティックトレーナーは難しい立場に立たされます。 高校最後の大会に出場できる小さな望みがあるのであれば、その望みを最大限に大きくする立場にあります。しかしその過程でうまくいかないこと、症状の悪化などがあれば、状況判断をし、出場を断念するように促していく立場にもならなければなりません。そしてなぜ症状が悪化したのか、仕方のなかったことなのか、リハビリが悪かったのか、きちんと分析をして生徒や顧問に説明をしなければなりません。こんなとき私は、生徒の競技人生を背負う覚悟がなければできない仕事だな、と改めて自分の仕事に向き合うことになります。 そんななか、前十字靭帯が断裂している生徒が試合出場を果たし、チームを勝利に導く活躍をしました!大会へ出場するために手術はしない、と決意してからから3ヵ月半、慎重に慎重を重ねて練習と筋トレを両立しました。私自身、とても不安

リハビリ中のウエイト

バスケットボールに勤しんでいた中学時代、試合中に膝の大怪我を負ってしまい約半年間の長期離脱を経験したことがあります。 離脱中、リハビリはもちろんのこと、専門家の指導の下にて上半身・胴体部のウエイトトレーニングで身体強化に取り組んでいました。 扱える重量が上がっていくのが面白くて、元々興味があった「トレーニング」に対する熱が加速していき、今ではトレーナーとして働いています。 やりがいしかないとても好きな仕事を現在させて頂いてますが、大怪我という負の出来事から始まったと思うとなかなかおもしろいものです。 もし怪我で長期離脱となる場合、「怪我をしていない部位を鍛えよう」 選手である限り、そう思うのは当然かもしれません。 もしかすると、「何かに取り組んでいないと、落ち着かない」という気持ちもあるかもしれません。 しかしながら、怪我をしていない部位を鍛えたとしても、「復帰=マイナスを0に戻した状態」のような感覚があるかもしれません。それだと、周りからは一歩も二歩も遅れを取っていると認識してしまうかもしれません。 「出来ること、鍛えられる所を最大限に伸ばしてチームトップになる」 そして 「伸ばした能力を、それぞれの競技に活かすにはどうすれば良いか」 ここの取り組みを徹底できれば、より成長して復帰できるでしょう。 離脱中の選手には、リハビリと並行して出来る部位のウエイトトレーニングの指導も行います。 その部位の筋肥大、筋力、筋パワーの向上等を復帰時期と照らし合わせてATと一緒に計画します。 個々の選手にとって、チャレンジングな種目も入れるようにしています。 Dipsや懸垂など、自体重ではある

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862