​川平ATRブログ

ウィンターカップ報告

昨年12月23日に開幕し、28日の男子決勝で閉幕したウィンターカップですが、明成高校は男女とも出場しました。 男子はベスト8、女子は2回戦敗退、という結果で終えました。 男女とも、お疲れ様でした。 悔しい結果にはなりましたが、両チームとも力を出し切った結果です。 全国の舞台で経験したこの悔しさを更なる高みを目指す糧として欲しいと思います。 さて、今年のウィンターカップ、私は個人的に驚かされたことが多くありました。 ひとつめに、メディア露出が目立っていたことです。ソフトバンクでの無料動画配信、テレビCM、そしてスポーツチャンネルでの結果配信、とにかく高校バスケの情報がこんなにも飛び交っているなんて!ヤフーニュースやグーグルニュースのトップページにが試合結果が載ったときは本当に驚きました! ふたつめに、メインコートのエンターテイメント性の高さ!!プロリーグにも引けを取らない盛り上がりのある音響や演出がありました!! 三つめに、スポンサーが大きいこと!!!なんとあのソフトバンク!!! 四つめに、観戦チケットの値上がり!!!!値上げ率は詳しくはわかりませんが、個人的な感想でだいぶ高くなったと思っています(笑)!!!! これらは八村塁効果なのでしょうか。 大会期間中はソフトバンクのCMに起用された八村塁を何度もテレビで見ましたよね。 これまで冬季に目立っていた高校サッカー選手権や高校ラグビーと比較して、高校バスケがこんなにも華やかにメディアに取り上げられること、バスケというスポーツの発展を感じます。 大学バスケももっと発展することを期待したいです! 最後にもうひとつ驚いたこと! 高校バス

国際大会でメダル獲得!

高大連携同好会(スケルトン)に所属している木下選手が海外遠征から帰ってきました。 10月からずっと海外だったので、約2か月ぶりの登校だったようです。 海外遠征中に参戦したノースアメリカンカップの3・4・5戦で見事入賞! 3つのメダルと共に顔を見せに来てくれました。 帰国後、日本には3・4日ほど滞在した後、今度はドイツ遠征です。 今後、益々の活躍に期待です! スケルトンとは氷上をソリで1300-1500mのコースで速さを競う冬のスポーツです。 滑走時の速度は120-140㎞/hになることも! 滑走開始時は、ソリを押した状態で走り出してからソリに乗り込むというスタイルなので、走り出し段階での爆発的な瞬発力が求められます。 川平ATルームにて、週2-3日のウエイトトレーニングやプライオメトリクスを行い、筋力・瞬発力を養成します。 向上した筋力・瞬発力を滑走に活かすには、質の高い練習が必要です。その練習は、大学生と一緒に仙台大学に行っています。 詳しくは⇒ https://www.sendaidaigaku.jp/club.html?post=368 瞬発力に自信のある方、スケルトン競技に興味がある方、体験してみてはどうでしょうか!

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862