​川平ATRブログ

はじめまして

皆さんはじめまして、昨年の12月から川平ATルームに加入した今野桜です。 簡単に自己紹介をしますと、、、 私は生まれてから18年間は山形で育ちました。 小学校3年生くらいからバレーボールを習い始め、気づいたら高校までほぼ毎日バレーボールをする日々を送っていました。毎日練習していれば怪我は日常茶飯事。私も膝や足首を何度も怪我をして、それでもなるべく練習を休まないように痛みを我慢しながら練習したことも多くありました。 そんな時に怪我のことはもちろん、日頃のちょっとした悩みなども相談できる人が身近にいたらいいのにな、、、と思ったのが私がアスレティックトレーナーを目指し始めたきっかけです。 高校2年生の時にあることがきっかけでアメリカ留学に興味を持ち始め、せっかくATの勉強をするのならATの発祥の地でもあるスポーツ大国アメリカで学びたい!と思いアメリカ留学することになりました。最初はカリフォルニア州にあるコミュニティカレッジへ通い、その後ウェストバージニア大学に編入しました。ウェストバージニア大学では、自分が学びたかったATの授業を受けたり実習で大学スポーツに帯同したりと、とても充実した時間を過ごしました。 そして無事に大学を卒業し、目標であったATCにもなることができました! その後はアメリカ、オハイオ州にある大学で1年間インターンアスレティックトレーナーとして働き、昨年日本に帰国しました。 私は小学校から高校までバレーボールをしていたので、川平ATルームに勤務し始めて久しぶりに高校の部活動を見たときに自分の高校時代がとても懐かしくなりました。私が高校生だった時は身近にATがいなかっ

選手達の突発的な決意表明

「トレーニングをもっと頑張ります!」 決意表明を突然にしてくる選手は結構います。良い事だと捉えています。 この決意表明、どの選手も似た時期に言ってきます。 一つ目:大会後 二つ目:監督・コーチに叱咤激励を受けた後(大体は叱咤) なぜこの2パターンなのか、もうちょい考察してみます。 一つ目の大会後: 1.対戦相手との体格・体力差を感じたから 2.敗戦が悔しいので、次に向けた決意 (本気の者もいれば、とりあえず言っておこうという甘い考えの者もいる) 3.勝利が嬉しく、次の勝利を見据えた考え 二つ目の監督・コーチに叱咤激励を受けた後 1.「フィジカルが弱い!」などの弱点をストレートに指摘されたから 2.ある技術を改善するために、筋力や瞬発力の向上が必要だと自分なりに考えたから こんなところでしょうか。 どんなパターンであっても、精進しようと決意する意志・姿勢は素晴らしいです。 それが継続できればの話ですが。 NBAのロゴのモデルとなった往年の名プレイヤー、ジェリーウェストはこんな名言を残しています。 "You can't get much done in life if you only work on the days when you feel good." “気分の良い日だけ頑張っても、大したことは成し遂げられない” この格言、気分が良かろうが悪かろうが、継続して鍛錬することが成長に繋がるということを意味していると捉えることができます。 「トレーニングをもっと頑張ります!」と言ってるときは、おそらく“気分が良い”です。 だから、その時期のトレーニングは頑張ってやります。 ただ、

令和2年がスタート!

明けましておめでとうございます。 年始から卒業生が活躍してくれていました、箱根駅伝! エース区間と言われる2区を任された、明成高校卒業生の星岳、昨年に引き続き今年も大きな活躍をしてくれました。 総合結果は6位!また来年も出場が決定しました。更なる活躍を期待しています!岳、頑張れ!! さて、今日は2人の卒業生が遊びに来てくれました。2人は惜しくも今年の箱根駅伝出場を逃したあの駅伝名門大学の山梨学院大学に通っています。2人とも今年の抱負は「大先輩となる岳さんの後に続きたい」とのこと!しっかりと練習を積み、まずは予選会を通過し、その目標が現実となるよう、期待しています!! 明成高校運動部は、新年早々から目標に向かって活動開始しています。 すでに遠征が始まっている男女バスケ部、校内練習試合を組んでいるバレー部など、今年はどの部活動が躍進してくれるか楽しみにしています。 川平ATRも負けずに精進していきます! 本年もどうぞ宜しくお願いします!!

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862