​川平ATRブログ

熱中症にご注意を!!

皆さんこんにちは! 川平アスレティックトレーニングルームがある宮城県では、5月半ばに緊急事態宣言が解除され、県内の小・中・高等学校では公立私立を問わず、6月1日からの学校再開に向けて準備が進められてきています。 いよいよ明日から、県内の学校活動が再開されていきますね! ようやくこの段階まで来たかと、安堵したいところですが。。。。 新型コロナウイルス感染症の脅威が完全に消失したわけではなく、日々の健康管理(体温チェックなど)、3密回避、ソーシャルディスタンス、咳エチケット、マスク、など、これまで実施されてきた感染症対策の実施継続は必用であることは変わらないので、油断大敵!という状況ということですね! 学校が再開することで、非常に懸念すべき内容は、感染症対策はもちろんのこと、これからはそれらに加えて、 「熱中症」も合わせて、対策・予防が重要です! 最近の川平の気温はというと・・・ 5月30日午後12時30分時点の、明仙フィールドの各ポイント別の気温、湿度、WBGT(暑さ指数)はこんな感じでした! ※①真ん中上がクレーグランド、②左下が人工芝グラウンド、③右下が陸上トラックです。 気温・湿度だけでなく、暑さ指数であるWBGTという値を主な参考値として、川平利用者への熱中症予防の周知に活かしています。 この日の気温(写真の中の左下の数字)は、いずれも30℃を超える気温となり、真夏並みの暑さですね!隣の数字が湿度ですが、20%台となっており、だいぶカラっとした気候でした。 気温、湿度を総合的に自動計算して、出てくる値がWBGTとなりますが、この日は21℃、 WBGT21℃は日本スポーツ協

オンラインAT授業!!

皆さんこんにちは! 最近は「オンライン〇〇」というのが自然な感じになりつつありますね。 新型コロナウイルス感染症に伴って長期間のステイホームが叫ばれる中、教育機関も同様に外出自粛を徹底してきており、今後段階的に通常の日常が戻りつつある現在。 この間、学習の機会を失わないように各教育機関ではオンラインを活用して様々な工夫をしながら、それぞれの生徒さん達への学習指導に励む全国の学校先生方、本当にお疲れまです! おそらくオンラインを活用しての試みは、あまり実践してこなかったがほとんどだったのではないでしょうか? 元々オンラインに力を入れていたところは、今回の事態に即対応出来たかと思うのですが、そうでないところがほとんどだと思います。 我々川平ATRも同じく、何をどうしたらいいのか手探り状態の中、これまでの期間をうまく活用して、ある程度の動画編集力を身に付けることができました! とは言っても、まだまだ改善の余地があるので、今に満足せずもっともっとトライアンドエラーを繰り返して成長あるのみです! 昨年度までの3年間実施していた、仙台大学附属明成高校へのAT授業第1回目は、オンライン授業となりました! リアルタイムでのオンライン授業ではなく、動画を撮影しておいて、それをYouTubeにて限定公開するという、いわゆるオンデマンド授業というやつですね! その授業の担当は私でしたので、かなり緊張しましたが、なんとか撮影、編集を経て、先日生徒たちへ発信できました。 授業一つ準備完了するまでに、たくさんの方々にご協力をいただきました。 皆さん、本当にありがとうございます。 今回実施したオンデマンド形

足部アーチ侮るなかれ!

皆さんこんにちは! 運動不足シリーズ・・・ではなく、今回は骨の並びである「アライメント(足部)」についてです! 生きていく上で大抵の人は自らの足で体重を支え、そして足で地面を蹴って歩く、走る、跳ぶといった移動動作を可能としています。 そんな足部は、運動の起点となるため、足部がどれだけ機能を果たしているかが運動を左右するといっても過言ではありません。 体重を支える荷重分散機能として、足部のアーチ、いわゆる土踏まずが形成されているのが正常な足部となります。 足部を内側から見て、綺麗に放物線を描くように骨は並んでいるのが正常な骨の並びですが、この放物線が十分でなく、平らに近い形となっているのが、「扁平足」という状態です。 濡れた足で歩いた際にできる足あとの形が、くぼみの少ない状態 下の写真でいう真ん中と右の足あとでは、土踏まず(アーチ)が十分でないことがわかります。 逆に左の写真以上にくぼみが大きくなっていく「ハイアーチ」という足の人もいるのですが、そこまで発生数は多くはない印象です。(個人的な見解です) 少なくとも、我々が普段指導にあたっている高校生たちの中では圧倒的に「扁平足」が多い傾向にあります。 扁平足であるから全てにおいてマイナスであるとまでは言いませんが、足部のアーチが十分でないことによるデメリットは、スポーツ選手としては結構あります。 足部のアーチの機能の1つとして、体重による荷重の力を分散するショック吸収機能です。 アーチがあるお陰で、歩行、ランニング、ジャンプ時の衝撃吸収をしています。これが十分に機能しないと、足部や下腿部(特にすね)、あるいは膝へのストレスを大きく

運動不足に伴うチェック第5弾!!【下肢筋力】

皆さんこんにちは! 私の連載中の運動不足に伴うチェックシリーズの第5話に突入です! 今日の内容は「下肢筋力」についてです! ヒトの身体はとても合理的にできていて、シンプルに表現すると「使えば使いやすい身体に、使わなければ使えない身体に」変化していってしまうものです。 筋肉はじっとしているだけでは十分な活動をしているとは言えず、収縮(縮むこと)と伸張(伸びること)を繰り返すことによって血液循環を良くし、運動を円滑にし、目的となる動作を可能とします。 そして、筋肉へ適度な(☚この適度な加減が個人差大きく加減が難しい!)刺激を与えることで、筋肉は成長し、筋の力も年齢に関係なく増すことができます。 逆にこの適度な刺激がかからないとどうなるかというと、筋肉は自分の存在理由を失い、筋力が低下していくようにできています。筋力は大切だ!っと頭で理解していても、筋肉に直接必要なんだという「刺激」を与えないと、筋肉は自分の価値を見いだせずに能力がどんどん低下していってしまうんですね。 つまり、筋肉はかまってちゃんとも言い換えることができますね! 普段から構ってあげていないと、いざって時に力が十分に発揮できなくなるので、ステイホーム中の今であっても、自宅でもある程度の運動負荷を筋肉へかける必要があるんですよ~って話でした! そこで、身体の中でも特に重要な下肢筋力についてセルフ筋力チェックのはじまりはじまり~♫ 下肢筋力(特に大腿部)って本来は、専用の高価な機械(有名なのはを使って測定するのが正確性としては良いのですが、その専用機械が身近に手軽く行えていないという現状を考えると、正確ではいにせよ簡易的

運動不足に伴うチェック第4弾!!【筋の硬さ④】

皆さんこんにちは! さてさて、今回も僕が連載中である、運動不足に伴うチェック第4話目です! 今回の内容は「肩周囲の硬さ」について!! これまでと違って、肩「周囲」としたのには訳がありまして、 肩関節に付着する筋肉を、これまでの下肢筋(ハムストリングス、大腿四頭筋、下腿三頭筋)などのように、単一の筋群として説明するには、とっても話が長~くなってしまうので、一気にまとめて「周囲」ということで紹介していきたいと思います。 3話を通して紹介していた筋肉は下肢の筋群についての説明でした。今回の肩周囲(肩から首まで含む)は、前述の下肢に対して上肢(腕や手のこと)となります。 そこで、下肢と上肢の大きな違いは何かと言うと 「下肢」は自分の体重を支える役割があるため、相応な筋力が必要だということ。 それに対して 「上肢」は体重を支える役割は特に必要ないかわりに、自由に動かす柔軟性が必要だということです。 ここで先に言っておきますが、下肢の柔軟性は必要ないということではないですよ! スポーツ活動においては、当然ながら下肢の柔軟性も必要になります。 今説明しているのは、人間として生きていく上で必要な機能として大きくわけて考えた際の視点となります。 長々説明して何を言いたいかというと、 上肢というのは、基本は大きく動かすためにあるということを皆さんにご理解いただきたいのです! 下肢に関しては、動かしつつも、体重を支える筋力がまず第一となります。(この下肢筋力については、次回投稿予定ですのでお楽しみに♫) 一方で、上肢はというと、支える必要がないかわりに、いろんなところにまで手を伸ばすことができるよう

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862