• 小野勇太

体調不良にご注意を!!

皆さん、こんにちは!

6月初旬からというもの、暑い日が続きましたね~。

いやぁ~、だいぶ暑かったですよ。

冷たい飲み物が美味しいのなんのって、6月にしてもはや夏!って感じでしたね!

・・・・っで、ここ最近ですが

・・・えっと、

寒くないですか?

今日の明仙フィールドの部活動中の気温は20℃でした。

20℃ってだけで言うと、それほど寒いと感じる気温ではないのですが、

明仙フィールドの今月最高気温は32.2℃(6月10日15時時点)!! 

ついこないだまで、30℃近い暑い日が続いていたので、この気温差10℃はかなり大きいですね!

人の身体は、外部環境への適応がしやすくできています。

暑い、寒いというような環境においても、人の体はそれに適応できるようになっているものです。

しかしながら、その適応には個人差があり、さらに言うと、たった数日で適応できるほど優れているものではないので、「徐々に身体を慣れさせていく」ことが重要です。

気候だけでなく、精神的・肉体的な適応も同様で、新しい生活(高校入学)とか、新しいトレーニングには、慣れるのにある程度時間がかかるということです。

時間がある程度必用であるというだけで、適応できないというわけではないので、どんな環境に対しても適応する能力を持っている人間って、よくよく考えるとすごいですよね!(こう思うのは僕だけでしょうか?笑)

暑さに対して、徐々に運動強度や時間を上げたりすることで、暑さに慣れていくことを

「暑熱順化」と言いますが、6月初旬からの暑さに段々と慣れてきていた矢先、

ここ最近はというと、梅雨時期もあって、気温が一気に下がっています。

普段ならそこまで寒いと感じない気温でも、

暑い環境に慣れてしまった身体は、20℃でも寒いって感じるわけですね!

なにをするにせよ、「急に」とか「いきなり」という変化は身体にとって非常に負担がかかるものです。適応に時間がかかる人にとっては、これはかなりキツイです!!

気温や気候に関しては、コントロールできるものではありませんが、対策がないわけではないですよね!

例えば、天気予報をチェックし、

今日は気温が低いから上着の準備をしていこう!とか、

雨が降る予報だから、タオルや着替えをいつもより多めに準備しておこう!とか、

「準備」をしっかりとしていくことが重要です!

このように「ある目的(今回ならば風邪を引かないように)のために行うすべての準備・対策のこと」を『コンディショニング』と言います!

もちろん、バランスの良い食事を取ることや、十分な睡眠をとることも、日頃のコンディショニングの一貫ですね!(スポーツ選手ならば絶対に怠って欲しくないことですね!)

運動後の疲労を溜めないように、きちんとクーリングダウンを行うことや、大事な試合に向けて十分な体力作りをしていくことも、コンディショニングと言えます!

① どれだけ質の高い準備がなされているのか(準備の質)

② どれだけの準備をしているか(準備の量)

③ ①と②の日々の実践をどれだけ続けているか(行動の継続)

これら①~③の積み重ねが、各々の目標達成への近道なのだと僕は思います。

たくさんある準備の中でも、体調管理のための準備って、ものすご~く大切です!

この体調管理の根本的な考え方は「予防」です!

私たちアスレティックトレーナー(AT)が最も重要視していることがこの「予防」です。

健康な身体あってのスポーツですからね!

一端は気温が下がっていますが、梅雨が明ければ、また一気に気温が上がり猛暑がくることが予想されますので、環境の変化に適応できるように、コンディショニングの実践を日々心がけていきましょう!

体調崩さないように日々のコンディショニング(準備)の徹底を!!

補足として、コンディショニングを実践していく上で重要なことは

1.自分の「目標を明確に設定」すること・・・(ある程度実現可能性のあるもので)

2.現在の状況はどうであるか「チェック」すること・・・(情報収集)

3.自分にできる(目的・現状に合わせた)「対策」すること・・・(計画)

4.自分で決めたことを『行って、そして続ける』こと・・・・(実践と継続)

これら4つが重要だと考えます!

是非日々のコンディショニングを心がけて、体調を崩すことなく、皆さんの目的達成のために日々健康であることを心より願っております!

暑さも急な寒さも、皆さん気をつけましょうね!

​仙台大学川平アスレティックトレーニングルーム
〒981-0954
宮城県仙台市青葉区川平3丁目1-1
TEL/FAX (022) 277-5862