宮城県駅伝大会2位!!

October 24, 2016

今月23日、全国高校駅伝の宮城県予選が行われました。

明成高校のライバルは県内トップで全国トップクラスの仙台育英高校、そして東北高校と利府高校。

例年3位、4位と悔しいレースになっていましたが、今年は狙っていました!

なぜなら、「エース」が誕生したからです!

今年の3年生の成長は目覚しく、「絶対的エース」と呼べる3年生にメキメキと成長したのです!

しかも1人ではありません!!頼れる、任せられる、信頼できるエースとなった3年生達と走りきった素晴らしい大会になりました。

 

『2位』

これは3年生が作り上げたチーム力で成し得た結果でした。

 

前日まで怪我で不安を抱えていた生徒、緊張で発熱した生徒、なかなか眠れなかった生徒などなどやはり不安はありましたが何とか乗り越え、当日を迎えました。当日の暴風の中、1区から好位置につけどんどん飛ばし、2区では区間新記録!!そして4区でも区間新記録!! 1度は東北高校になんと1分弱の差をつけてました!!全員がベストをつくし、3年生が1,2年生を引っ張る、最高の形で勝利しました!おめでとう!!!

 

長距離選手の怪我は競技特性上やはり慢性的な怪我が多く、「試合期」に合わせて「練習量」を繊細に計画していく必要があります。明成高校では陸上部顧問の先生とアスレティックトレーナーがコンディショニングやリハビリに関して十分に連携をとり、「慢性障害を減らすための体作りとケア」、そして怪我をしてしまった場合には「競技に合わせた最善の復帰プログラム」を実施しています。

 

怪我の減少が質の良い練習につながり、質の良い練習が個人能力を引き出し、最終的には個々の力がチーム力に変わります。

私達アスレティックトレーナーはチーム力を引き出すためのサポート役に徹しています!

 

 

Please reload

アーカイブ
Please reload