• 白坂 広子

NHKてれまさむねで放映されました!




先日、私たちの活動がテレビで放映されました!


放映内容は、私たちが1年生を対象にした「測定と評価」という授業、女子バスケットボール部所属生徒のリハビリ、男子バレーボール部のアップ指導、陸上長距離のランニングフォームチェックなどです。


私たちアスレティックトレーナーはスポーツ競技者の健康全般を守ることを仕事にしています。それは競技中に起こる緊急時の救命処置、怪我の応急処置、怪我の評価をはじめ、リハビリやトレーニングなど競技復帰のサポートなどですが、一番重要視していることは「怪我の予防」です。放映内容も怪我の予防に対する活動のいくつかを取材していただきました。


高校生は身体的にも精神的に変化が多い年代、そしてさらに高いレベルで競技を行うための準備年代でもあります。この時期に「自分の体を知る」ことはこれからの成長にとても重要なのです。

また、「怪我からの学び」も大切にしています。どうしたら次に怪我をしないようにできるのか、生徒自身に考えさせ、実践させるようにしています。


私たちは高校生がなかなか一人では学ぶことができないこと、指導者の先生方が生徒たちに伝えきれないこと、体のチェック方法や正しいストレッチ方法、日々のコンディション作りなど、基本的な部分を重点的にサポートをすることで、生徒たちが好きなスポーツをさらに楽しく、そして上を目指せるようになれたら、という思いで日々活動しています。


普段は裏方の私たちですが、放映されたほんの数分は主役になれました(笑)!

これからも活動を継続していきます!よろしくお願いします!!