​カテゴリー
  • 白坂 広子

夏休み終了!

長いようで短かった夏休みでした。

インターハイに出場した部活動、遠征や合宿をした部活動、練習試合に取り組んだ部活動、どの部活動も「部活動一色!」で夏休みを終えたようです。


ATRも忙しかった夏休みでした。

サッカーフィールド、ソフトボール場、陸上トラックでの1日3回のWBGT測定、炎天下での練習帯同やアスリハ、アイスバスの準備/片付け、フィジカルチェック、合宿帯同など、あっという間に夏休みが終わったような気がします。日々の業務の甲斐あってか(涼しい日も多くあったからかも?)、今年も熱中症が発生することなく終えることができました!


また、夏休みにしっかりと競技練習ができるようにと、夏休みに照準を合わせて怪我から復帰した生徒たちが思う存分練習できていたことがうれしいことでした。


夏の練習をこなせなければ、やっぱり体力的に、技術的に、そして精神的にも他から遅れをとってしまう、、、高校3年間という短い競技生活のなかで、競技からの離脱時間をなるべく短くすること、そして特に大切な夏の練習にどれだけ参加できるか、これは私がアスリハを計画するうえで大切に考えていることです。

競技復帰するためのリハビリを体改善や体力トレーニングにばかり重きをおいていてはいけないと思っています。再発を予防するためには体改善などはとても大切なことですが、競技復帰へのモチベーションを下げないためのプランニングが必要ですよね。


今日から新学期!

部活動時間もまた夕方に切り替わり、一日のスケジュールが大きく変わってきます。

こんなときは睡眠時間は特に削られがちです。

体調の変化にも十分に気を付けて、秋の大会に備えていきましょう!!