アーカイブ
Please reload

January 28, 2020

何かを「伝える」授業をすることは、とても難しいものです。

川平ATRでは、平成29年度より明成高校健康スポーツコースに対してアスレティックトレーナ(AT)とストレングス&コンディショニングコーチ(S&Cコーチ)による体育の授業という独自の事業を展開しています。

今年で3年目となりますが、常に高校生たちにどうすれば良い授業が行えるのかという事で悪戦苦闘しています。

毎年、授業が終了する年度ラストの授業後に、アンケートをとっており、そこから我々の一種の授業評価材料として活用させていただいています。

そのアンケート結果から、私の担当する授業につい...

January 26, 2020

スポーツ傷害発生後の、骨の痛み、筋の痛み、腱の痛み、靭帯の痛み、などに対して『冷やす』ことにより、その痛みの緩和をする目的や、傷害部位の腫れを抑えるという目的のいわゆる「アイシング」が、ある程度スポーツ現場に浸透してきているようにも感じます。

川平ATRでもすっかりアイシングは選手、コーチにも浸透していて、練習後のケアとしてアイシングを実践して頂いています。これも、セルフケアの意識づけとして、選手として習慣化する事の一つと捉え、日々の指導に取り入れています。

ただ、やみくもに何でもかんでも冷やせば良いということではないので、アイシングの...

January 25, 2020

本日のATRにも選手の驚嘆と喜びの表情がまた一つ。

練習後のケアとしてATRを利用する選手からこんな相談が。

選手「ふくらはぎの張りがあるんですが、どうしたらいいですか?」

小野「どのくらい張っているのか、確認させてもらえる?」

選手「はい、お願いします。」

小野「確かに、練習後の疲労もあってだと思うけど、かなり張っているみたいだね。特に奥の筋肉が硬く感じるけど、自分でもわかるかい?」

選手「あっ、ホントだ、言われてみるとそうですね。」

小野「それじゃぁ、その奥にある筋肉の塊を柔らかくするコツをお伝えしよう!」

選手「はい、どうしたらいいですか?」

...

January 24, 2020

本日の川平ATRの会話・・・

選手「右の片足立ちがあまり安定しないんですが、どうしたらいいですか?」

小野「どれくらいなものか、確認させてくれないかな?」

選手「はい、わかりました。」

小野「左足から確認しようか。」

選手「こっちは、まあまあいい感じじゃないですか?」

小野「そうだね。では、本題の右足でやってみてくれない?」

選手「はい、・・・・・・おっと・・・」

小野「確かに左右差がはっきりしているね。右足は過去に捻挫の経験ある?」

選手「そうですね、でも、あまり休まないで出来てたので、軽い方だったと思います。」

小野「そうか、ではそれも関係がありそ...

January 23, 2020

本日の川平ATR内の会話・・・

選手「有酸素トレーニングさせていただけないでしょうか?」

小野「良いけど、どうしてそうしようと思ったのかな?」

選手「あっ、いや、それはですね・・・」

小野「どうしたの?」

選手「えっと、体組成を測ってみたら、ちょっと以前の数値より体脂肪の結果があれでして・・」

小野「なるほど!」

選手「それで、このままではマズイなと思ったので、練習後に有酸素トレーニングを追加したいんですが・・・」

小野「それはいい考えだね!ちなみに、食事についても聞いてもいいかな?」

選手「最近ちょっとお米を食べ過ぎていたかもしれないです。」

小野「...

January 22, 2020

出勤途中の運転中に、ハッと思いついたので、忘れないうちにブログへ投稿しようと思い、意気揚々とPCの前に座ったは良いものの、昨日の投稿で安全運転について触れているにも関わらず、考え事をしながら運転していたことに気づき自暴自棄になっているATの小野です。(車の運転中は運転に集中しましょう!)

さて、今回の投稿はと言うと、『リーダー』についてです。

リーダーは英語で “Leader” 「導く・先導する・連れて行く」という意味があります。

こう考えると、指導者、教育者、先輩、親、大人など、導きたい相手(選手、生徒、部下、子供など)がいる関係におい...

January 21, 2020

スポーツ傷害の中でも特にアスレティックトレーナー(AT)を悩ませる膝のケガ・・・・

それは、前十字靭帯断裂(Anterior cruciate ligament:ACL)というケガです。

太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)とを結ぶ靭帯の中でも重要な役割を持つのが・・・この靭帯です。(ざっくり過ぎてわかりづらく、すみません。笑)

この前十字靭帯の断裂が生じてしまうと、自然に回復は見込めないとされているため手術適応となります。手術内容やその後の経過にもよりますが8~12ヶ月(約1年)のリハビリが通常必要になります。プロアスリートでは、もと...

January 20, 2020

英語は話せないくせに、表現にちょくちょく英単語を入れつつある、英語かぶれの小野です。

今回の内容はというと、

何かしらの目標を持ち、行動に取り掛かり始めているであろう2020年1月20日現在、おそらくは年末年始の生活から普段の生活に慣れ始めている頃かとは思います。

新年早々に掲げた自分の目標やテーマについて、きちんと『継続』できている方は素晴らしい事です。その調子でガンガン精進して欲しいと思います!

一方、せっかくの目標を掲げていたにも関わらず、早くも『行動』が継続できなくなってしまっている人がもしいるのであれば、ここからの内容を是非読んで...

January 16, 2020

私達川平ATRスタッフは、AT・S&Cともに、明成高校健康スポーツコースに対して、体育授業をそれぞれの専門分野を活かした内容で実施しています。

本日はテーピングの授業を実施しました!

そこで、私は講師側の立場となって様々な学びを生徒達から得ています。

実技中心の授業では特に大きな課題は生じないのですが、講義形式のいわゆる座学がどうにもこうにも解決に困難する課題があるのです。

専門家として、様々な知識と経験から、生徒達にたくさんの有益な情報提供が出来ると自信を持って教鞭をとるわけですが、現実はそう甘くはありません。

それは・・

睡眠学習に入ってし...

January 16, 2020

皆さんはじめまして、昨年の12月から川平ATルームに加入した今野桜です。

簡単に自己紹介をしますと、、、

私は生まれてから18年間は山形で育ちました。

小学校3年生くらいからバレーボールを習い始め、気づいたら高校までほぼ毎日バレーボールをする日々を送っていました。毎日練習していれば怪我は日常茶飯事。私も膝や足首を何度も怪我をして、それでもなるべく練習を休まないように痛みを我慢しながら練習したことも多くありました。

そんな時に怪我のことはもちろん、日頃のちょっとした悩みなども相談できる人が身近にいたらいいのにな、、、と思ったのが私がアスレティ...

Please reload